TOP

   鍼灸は旧くて新しい施術法です!

鍼灸(しんきゅう)の歴史は2000有余年と言われています。残念ながら日本ではいまだに一般的な施術法ではなく、『なんとなく、うさんくさい』と思われがちです。国民受療率は数%です。いかに普及していないかの証拠です。

鍼灸は怖い?熱そう?高い?痛みや熱さを生じるであろう未知の施術なのに、調べると結構良い値段設定をしている。多くの方がこのような印象をお持ちだと思います。ネット情報だけではどこへ行ったらよいかわからないですよね。そんな方に絆の『やさしいはりときゅう』をぜひお勧めいたします。

鍼灸は何となく調子が悪い時や原因がよく分からない場合でも、未病治療といって放っておけば将来的に不調になる状態を未然に対処することが可能です。もちろん症状がある場合でも、この旧くから伝わり新しい知識を取り入れた施術をお試しください。

 

院長のあいさつ

鍼灸院絆のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。院長の中富悠人です。 

 

鍼灸院絆のホームページをご覧頂きありがとうございます。
前院長、服部政博先生より治療院を引き継ぎました中富悠人です。
服部先生とは同じ師を仰ぐ間柄なので施術の仕方にさほど差異はなく安心して治療を受けていただけると思います。
鍼灸院絆は婦人科疾患、特に更年期障害、更年期症状の施術に力を入れている事が特徴です。
なかなか症状が改善しない方は一度当院の施術を受けてみてはいかがでしょうか?
一般的な鍼のイメージは痛みのあるところに刺すというものかと思いますが、当院の鍼は違います。
全身の調整を施すため手足に軽く鍼を当て、患者様の治癒力を高めた上で更に施術をしていくという流れになります。
また近隣の医療機関と連携することで、患者様にとって理想の西洋・東洋両面からアプローチすることが可能です。
医療―鍼灸の連携も大きな特徴です。


 
鍼灸が苦手、又は怖いという方にはマッサージでの対応もしております。鍼・灸・マッサージと三つの国家免許を取得しておりますので安心して受けていただけると思います。
マッサージは手の力で押すものではありません、指に体重を乗せるものなのです。
手の力に頼った押し方は『手押し』と言い良くない例として度々出てきます。
『手押し』でマッサージをすると余計な力がかかり、圧が分散して筋肉を傷めやすく、いわゆる揉み返しが起こりやすくなります。体重をかけるマッサージであれば垂直に純粋な圧がかかり筋肉を傷めることなく施術が可能となります。当治療院のマッサージはしっかりと体重を乗せ適度な圧で効いていることを実感できるマッサージです。
 
私事ではありますが、幼少期よりダンスを習っていた為身体のどこに負荷がかかりやすいかなど経験的に捉え、知識的な方面と合わせてのアプローチが可能となっております。
婦人科疾患に限らず御身体に不調がある方は是非鍼灸院絆におこし下さい。

 

 

治療内容

鍼灸院絆では東洋医学で重要な経絡(気の流れ)の調整を主に行います。ヒトは気候、労働、食事、感情などの影響で経絡が変動します。この経絡のゆがみが心身の不調の原因と考えます。
 
初診でいらした場合、問診のうえ症状の確認をします。施術台では症状により奇経治療といって手足のツボを使い、症状の緩解を促します。その後、本治法(ほんちほう)といって経絡のゆがみを整えます。症状により子午治療を行い、症状の緩解を促します。この中で患者様が『鍼が刺さっている』と感じるのは奇経治療の部分だけです。鍼を通す管があり、管は鍼よりも3~5㎜ほど短いので管から鍼の頭が出る状態です。ここをポン、ポンと軽く叩くと鍼が刺さります。注射が普通に受けられる方なら全く問題ありません。問診の際に感受性やご希望など伺い、接触鍼といって、ツボの近くに鍼先を近づけて行う方法がありますので恐怖心や緊張が強い方にはこちらで対応いたします。
特に初診の方は緊張されている事が多いので、無理には進めませんのでご安心ください。
 

どのような服装をすれば良いのかよく質問されます。肘や膝が出れば十分なので、半そで短パンをご持参頂くか、当院にも患者着を用意していますのでお気軽にお声掛け下さい。

3つのコースからお選びいただけます。

  • 長時間施術6,500円
    鍼+マッサージ
  • 全身施術3,500円
    鍼orマッサージ
  • 部分施術2,000円
    マッサージ

            

 

お問い合わせ

氏名

メールアドレス

電話番号

- -

内容